石巻マルシェ ウィロード山王店 閉店
このエントリーをはてなブックマークに追加
0011

みなさん、こんばんは!石森です。寂しいことに、5月4日(金)と5日(土)の二日間の営業で石巻マルシェの営業を終了いたしました。4日の営業ではとても嬉しいお手紙をもらいました。
前日の4日は雨だったのですが、5日は最終日の営業を応援するかのような、快晴のお天気でした。年が開けてから、毎週土曜日はお天気が悪い日が続いたのですが、この日は本当に良いお天気となりました!東京は暑いくらいでした!

営業最終日

半年間の営業を振り返る意味でも、頑張ってきたメンバーを紹介しておきたいなぁーと思います。どこかで、石巻復興プロジェクトが頑張っている姿を見かけたら、ぜひ、メンバーを応援してくださいね!


ちーちゃん(左)とジュニア(右)
他に、やっくんがいます!
ちーちゃんはいつもおいしい料理を作ってくれました。ジュニアとやっくんも、何度もマルシェの営業に来てくれています。
最近のプロジェクトのツイートは、やっくんです!


きむっちゃん(左)とウィロード山王商店街 スリープSHOPたかの お布団屋の高野さん(右)
「まぁー素敵なお昼ごはん!」と高野さん。
この二人が店内をとっても明るく楽しいものにしてくれていました!石巻出身の私たちが、東京の地で毎週、楽しく復興支援活動が出来ていたのも、この二人の掛け合いがあったからです!この日のお昼は、写真のとおり、とっても豪勢なものを作っていただきました!とっても美味しかったです!

雑談場所


この日も、たくさんの方に石巻マルシェに遊びに来ていただき、店内は、わいわいしておりました。
写真の上部にありますが「休憩所」の看板を作ってみました。最終営業日にて!もっと前からあれば、いい感じでしたよね〜。。

くじ引き形式で、商品を付けて販売していました!この日も、お手伝いに来てもらいました!どうもありがとうございます〜!


大森の壁画に登場したのは花田氏(壁画)です。とても似ているので、紹介は壁画で問題がないと思います。石巻復興プロジェクトの活動の中で、花田氏を見つけたら「大森壁画の花田氏」と優しく声をかけてあげてくださいね!きむっちゃんは絵が上手です。実は石巻復興プロジェクト代表の津田氏の壁画も存在しています。

閉店パーティー


最後の営業を、なんとか終えて、閉店の準備です。
いつも協力をいただいている、お二人と。片付け作業をしようとしているにいやん(右)です。
朝から、店頭でたくさんの人に声をかけていただいて「頑張り続ける石巻」を実際の声にしてもらっていました!
店じまいのために看板の布を下ろしてくれているのが、かねっちさんです。いつも、朝早くから、お手伝いにきていただいています!年が明けてからは、ずっとお手伝いをしてもらっています!
その辺で、うろうろしているのは、もんちゃんです。


閉店後は、みんなで、閉店パーティーの準備です。

最後の閉店パーティー(集い)には一般参加いただいた方と、プロジェクトメンバーで楽しく、話をしながら復興についてお話をすることが出来ました。

閉店しながらも、レジを確認してくれているのは石巻出身で石森の同級生のかみちゃんです。かみちゃんがいなければ、この石巻マルシェは回っていませんでした。「石巻マルシェかみちゃんファン」がいるとか、いないとか!ケーキをモグモグ。

今後の活動について


閉店パーティーの中で、石巻復興プロジェクト、石巻マルシェの今後の活動について、正式に発表を行いました。
発表資料はこちらです。スライドの2枚目をご確認ください。

7月 石巻マルシェ ウィロード山王店 リニューアルオープン予定
頑張ります!!

記念撮影


最後は、最終日参加の皆さんで写真を撮りました!ありがとうございました!!

長期的な復興支援

大震災が発生した2011年3月11日から石巻マルシェが閉店した2012年5月5日の時間は421日間です。
みなさんは、この421日間をどう過ごしてきましたか?私たちは、東京大森に石巻のアンテナショップをボランティア運営することで「石巻もヒト(情報)・モノ・カネ」が集まる場所を作ることに挑戦してみました。結果として、感じたこと、成功したこと、もうちょっと上手くやれたこと、難しかったこと。たくさんありました。それをご紹介するのはまた後日のエントリーで。

支援の継続は非常に難しいです。ただイベントの数を増やすことが解決策ではない。ということが分かってきました。
解決策のヒントは「事業性」だと確信しています。震災から400日以上が経過した現段階で求められる復興支援は「継続して石巻のモノを売る仕組みづくり」だと思います。今までも当然検討していましたが、お金を回せるような事業にして、いかなければ、どうやら継続した復興支援は難しいようです。周囲の同様の活動をしている方々の意見や、自分たちが体感しました。

石巻では、まだまだ頑張り続けている、家族、親戚、友達がたくさんいます。頑張り続けている人や街、そしてまだ見つからない大切な人を探し続けて辛い思いをしている人がたくさんいます。
支援の継続は非常に難しいです。ただ、私たちは頑張り続けている人や街の姿を知ってしまっています。そして継続していけそうな仕組みづくりを作れる手応えを少しながらも感じることが出来ました。

どっちに出るか、支援を止めるか?支援を続けるか?

紹介したプロジェクトメンバーで、また一歩進んで継続支援を行うことにチャレンジしてみようと思い7月からの石巻マルシェのリニューアルオープンを決断することにしました。本当に、石巻のモノは売れないのです。私たちも頑張ります!そして、ぜひ皆さんにも継続して応援をいただけると、嬉しく思っています!
ウィロード山王商店街の皆さんをはじめ、半年間、大勢の方々にお世話になりました。本当にどうもありがとうございました!

2 thoughts on “石巻マルシェ ウィロード山王店 閉店

  1. 石森さん、石巻マルシェのスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
    5/4の集いに参加させていただきましたKumiです。
    7月のリニューアルオープンを楽しみにしています。
    私も自分に出来ることを少しずつ続けていきます!

  2. Pingback: 石巻復興 facebookアプリの説明 | 石巻復興プロジェクト

kumi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>